先物取引とオプション取引の相違について

先物取引とオプション取引

オプションの売り手の場合

オプション取引には買いと売りがありますが、このふたつの違いは買い側は権利を得ることに対して、売り側は義務を追うことになります。

赤トウガラシ

 

つまり、買い側は自らに有利な状況になれば権利を行使し、不利な状況になれば権利を放棄することができますが、売り側は義務ですのでどれだけ不利な状況になっても、その義務をまっとうしなければならない責任が発生するのです。

 

 

オプション取引において売り手というのは勝率が非常に高い一方で、損失が青天井に膨らむおそれがあるため使い方次第では非常にリスクの高い取引になります。

 

 

これは、売り側というのは利益が発生するときはどれだけ相場が大幅に動いても、オプション料しか得ることはできませんが損失が発生する時にはポジション、と逆の方に値段が動けば動くほど損失が大きくなるためです。
そのため、オプション取引において売り側は利益は常に固定されてしまいますが、損失は無限大に発生するおそれがあるのです。

 

 

オプション取引を利用して売りの取引をする場合にはこのようなリスクをしっかりと、知識として身につけておかないと予想外の損失を出してしまい、自己資金以上の損失が発生することもありえるだけに十分に注意をしましょう。

コメントを受け付けておりません。