先物取引とオプション取引の相違について

先物取引とオプション取引

先物取引の特徴

先物取引と聞くと大きな損失を出す危険な取引という、イメージを持っている人が多いのではないでしょうか。
確かに先物は少ない資金で大きな金額を動かすことの出来る取引だけに、リスクも大きなものとなってしまいます。
しかし、先物はこれだけではなくリスクを回避するための手段としても用いることができるのです。

 

 

先物では実際の商品を対象とした商品先物がありますが、実際にこれを現物で取引するのは大変なので実際には取引で発生した差額の金額を決済する差金決済を取られることが一般的です。

 

 

とある小豆農家が安定経営のために、常に現在の相場価格である1000円で小豆を売りたいと思っていたとした場合、その農家は一年後に小豆を1000円で売るというポジションを先物によって持ちます。

野菜03
そして、一年後小豆の価格が暴落してしまい500円になっていると当然収穫した小豆は500円でしか売ることが出来ません。
しかし、先物によって1000円の売りポジションを持っていたため500円のプラスになるので小豆農家は損失を出さずに済むのです。
これが逆に1500円になってしまった場合、先物の売りポジションでは1000円で売る約束をしているので500円の損になってしまいます。
しかし、小豆の現物を持っているのでそれを1500円で売ることで損失を発生せず、当初の予定通り1000円で売ることができるのです。

コメントを受け付けておりません。