先物取引とオプション取引の相違について

先物取引とオプション取引

損益線が特徴的

損益図というのは将来の市場価格によって、商品の損益の状態がどのように変化するのかをグラフ表示して、横軸に決済日の市場価格を表わして、縦軸には損益のメモリをとったグラフになっています。

 

金融商品の損益は基本的に買いと売りがセットになって確定されるので、売買から生まれた差益を分かりやすく表示したものが損益図です。特徴的な損益線としてはロングポジションがあり、これは金融商品を顧客が買い待ちをしている状態なので、右上がりの直線となり、将来的に利益を見込むことが出来るグラフとなっています。

青トウガラシ

ショートポジションは現物市場や先物の売りを顧客が待っている状態でグラフは右下がりになります。

 

この場合は将来的に損失が出る可能性があるので、投資を慎重にする必要があります。スクエアというのは損益が確定している取引の損益図で損益が確定しているので、リスクが全く無い状態を表わしています。この直線が見られる場合はヘッジ取引によって市場リスクが回避されているので、為替リスクの無い円建ての取引などがこれに該当します。ロングコールはコールオプションを買い待ちしているということを表わすグラフで、グラフはある時点までは横軸に平行な直線になります。

コメントを受け付けておりません。