先物取引とオプション取引の相違について

先物取引とオプション取引

コール(買う権利)とは

コールとは買う権利を指します。権利ですから、権利を行使してもしなくても良いという点に注意しましょう。ですから、15,000円コールを買った場合、期日になればその価格がいくらになっていても15,000円で買うことができます。もしも価格が棒としていて、市場では20,000円で売買されていたとしても、期日には15,000円で買うことができるのです。これが権利という意味です。15,000円で買って、市場で20,000円で売ることができれば、5,000円分の利益を得る事ができます。もしも価格が下落して、例えば13,000円になったとします。もしも必要であれば市場で13,000円を出せば買うことができるのですが、権利を行使する必要はありません。
権利を売った投資家は、権利の買い手の判断によって義務を負うことになります。買い手が要求すれば15,000円で売らなければならない義務を負うことになります。市場価格が20,000円になっていた場合、買い手は権利を行使します。ですから、市場で20,000円で調達してきたものを、15,000円で売らなければならないのです。このような義務を負う代わりに、オプションを売ったときにリスクプレミアムを受け取ることができます。野菜02

コメントを受け付けておりません。