先物取引とオプション取引の相違について

先物取引とオプション取引

プット(売る権利)とは

プットは売る権利を指します。対象となるのはいろいろなものがありますが、日本では例えば株価指数が多く用いられています。価格と期日を決めて契約を行います。例えば、3ヶ月後に15,000円で売ることができる権利を売買した場合、買い手は権利を持つことができ、売り手は義務を負うことになります。つまり、買い手は15,000円で売るこかどうかを選択することができるのですが、売り手は買い手が売ると決めれば買う義務が発生します。義務であるという点に注意が必要です。
ですから、例えば3ヶ月後の価格が16,000円だった場合には、買い手は15,000円で売るメリットはありませんから権利を行使しません。売り手は何もしなくて良いのです。売り手は売ったときの代金に相当する金額が利益となります。
3ヶ月後に14,000円になっていた場合、買い手は14,000円で売るよりも15,000円で売りたいと考えるのは当然のことでしょう。そのために、買い手は権利を行使し、売り手は15,000円で買わなければなりません。もしも不要であれば、15,000円で買ったものを市場で14,000円で売ることになるのですから、損失が発生することになります。

コメントを受け付けておりません。