先物取引とオプション取引の相違について

先物取引とオプション取引

オプションの良さについて

オプション取引の良さは、目的によって異なるでしょう。リスクを抑えるために取引を行っている人の場合には、リスクヘッジに用いることができるという点は優れています。価格が下がるリスクや、あるいは上がるリスクを抑えるために、比較的安い料金でヘッジすることができるのです。他の方法よりも安いですからメリットは大きいと考えられます。また、一定の料金を支払っておけば、それ以上の損失を発生させることはありません。

 
投機的に取り引きをする人にとってもメリットはあって、値動きが比較的大きいことが挙げられます。レバレッジをかける事もできますから、小さい資金で売買をしたい人にとっても優れていると考えられます。また、値動きがなくても収益機会があるというメリットは大きいでしょう。値動きのない場合には、コールでもプットでも売っておけば利益を得る事ができます。

 
実需としてのヘッジに用いる事もできますし、投機的な取引を行うこともできます。基本的にはリスクを取引するための金融商品ですから、リスクを抑えたい人にとってもメリットはありますし、積極的にリスクをとって利益を得ていきたいと考えている人にとってもメリットは大きいと考えられます。赤かぶ01

コメントを受け付けておりません。