先物取引とオプション取引の相違について

先物取引とオプション取引

オプションの買い手の場合

オプション取引において買い手というのは、非常に勝率が悪いという特徴があります。
そう聞くとオプション取引をする際には売り手が有利になるのかといえばそのようなわけではなく、売り手は勝率が高いかわりに利益は常に一定であり、損失が発生した時には青天井に損失が膨らんでくるというリスクをはらんでいるのです。

赤かぶ02

 

つまり、買い側のメリットというのはこれの裏返しで、勝率が低いかわりに利益は無限大に得ることができる可能性があるのです。
これはどういう事かというと、例えばオプション取引で日経平均株価を10000円で購入することができる権利を買ったとします。
期日が来て日経平均株価が9000円に下がっていた場合は10000円で買う利点が無いため、権利を放棄することになりオプション料の分だけ損失が発生します。

 
この損失は日経平均株価がいくら下がろうとも変わること無く、損失は常にオプション料だけでも済むのです。
一方利益が出る場合には株価には上限が無いため、20000円にも30000円にもなることだってあり得るのです。
そのため、オプション取引において買い側というのは損失は常に一定で利益が出る時には、いくらでも利益が出るということもある取引なのです。

コメントを受け付けておりません。