先物取引とオプション取引の相違について

先物取引とオプション取引

先物取引とオプション取引の相違について

先物取引とは、事前に取引する価格を決めることを指します。例えば、3ヶ月後に15,000円で売買をすると決めた場合、市場価格がどれくらいになっていても15,000円で売買をすることになります。買い手は15,000円で買わなければなりませんし、売り手は15,000円で売らなければなりません。売買契約を先に結んでいますから、買い手も売り手もどちらも義務を負います。
オプション取引では、買い手が権利を得て売り手が義務を負います。15,000円コールを売買した場合、買い手は15,000円で買う事のできる権利を得ます。この権利を買うために、リスクプレミアムを売り手に対して支払います。もしも3ヶ月後に市場が変動して、価格が16,000円になっていたとします。その場合には、買い手は市場で買うよりも15,000円で買った方が有利ですから、権利を行使します。売り手はこれに答えなければなりません。しかし、もしも市場が変動して価格が14,000円になったとします。買い手は、15,000円を出して買うよりも市場で買った方が安いですから、権利を行使しません。この時には売り手は何もしなくて良いのです。

紫たまねぎ
権利と義務について考えれば、相違は分かるでしょう。